資格取得を目指そう【プロのネイリストを目指すなら】

メイク

メイクについて本格的に

プロのメイクアップアーティストとして活躍するためにはメイク専門学校で知識や技術を身につけるのが一般的です。メイク専門学校は美容師の資格が取得出来る場合や、よりメイクアップアーティストになるための専門的な授業が行われることもあります。そのため、入学する前に自分に合っているかどうかの確認が大切です。

詳しく見る

ウーマン

アパレル業界の基礎学習

ファッション専門学校はアパレル業界で活躍するための基礎を身につけることが出来る場所です。そのため、教育機関の完備している設備や講師陣の顔ぶれなどをリサーチしておき、個々の将来的な展望に合致する専門学校を選ぶことが必要です。

詳しく見る

ネイリスト

三つの級に分かれています

ネイル検定は3級から1級までの三つに分かれていてプロのネイリストを目指す方は最低2級の取得を想定することがほとんどのようです。またいきなり1級や2級を取得することはできず、まずは3級から受験していかなけらばならいのであらかじめ注意しておきましょう。

詳しく見る

化粧品

美容関連の職業に就く前に

メイク専門学校の資料請求をすると、パンフレットで雰囲気がわかり、願書も入手できます。一般入試、推薦入試、AO入試のどれを利用するかも考えます。高校生は面接準備を学校の先生に手伝ってもらうといいです。面接では、将来についてしっかりアピールします。資料だけで判断せず、オープンキャンパスも参加しましょう。

詳しく見る

ファッション

本格的に学びたいなら

ファッション業界で働くためにはそれなりの知識と技術が必要であり、それらは独学で身につけるのが難しいため専門学校に通うのが一般的です。ファッション業界を目指す場合には服飾系の専門学校に通うことが多くなっていますが、その際の費用は2年制でおよそ200万円程度で専門学校の中では比較的安くなっています。

詳しく見る

就職にも有利です

ネイルチップ

段階的に取得できます

趣味という段階を超えて職業としてのネイリストを意識した場合、どのような要素が必要とされるか検討してみるといくつかのポイントが浮かび上がってきます。たとえばお客さまを相手にするのでコミュニケーション能力も求められますし、一種のアートとも言えるものなので発想力も要求されるかもしれません。しかしネイルアートの基本的な技術と知識の体得という点を考えると、ネイル検定の存在を無視するわけにはいきません。この検定に合格すると、サロンへの就職の面やいずれ独立して開業することを想定したときでもたいへん有利に働きます。なぜなら応募の条件にネイル検定の取得を挙げているサロンは多くあり、また個人でサロンを営むときにもきちんとした資格を持っているのは有効なアピールになるからです。上記の点から見ると、ネイル検定の取得を目指して多くの方が日夜研鑽に励んでいるのが理解できると思いますが、あまり焦って取得しようとするのも良くはありません。少し調べると分かりますが一般的なネイル検定でもジェルネイルの検定にしても、それぞれに級があり段階的に取得をしていくものなのです。そうするとプロのネイリストを目指すなら、きちんと計画を作って徐々にステップアップするイメージを持つことが大事になります。つまり学費や通学期間など種々の事柄を総合的に考慮して、自分のペースを守って無理のない範囲で学習を続けると、良い結果に結びつきやすくなるのです。

Copyright© 2018 資格取得を目指そう【プロのネイリストを目指すなら】 All Rights Reserved.